いつもありがとうございます。
全国介護歯科協会の代表の前田剛志です。


さて、今回はタイムリーな話題ということで、ラグビーW杯でのお話を無理やりに医院経営に繋げたいと思います(笑)


日本中が熱狂したであろう、今回のラグビーW杯での日本代表の活躍。
青春時代に少しだけラグビーにかすった私も、南ア戦をTV観戦した際には、スポーツ観戦で久しぶりに感動の涙を流してしまいました。
ラグビーを全く知らなかった私の友人も、「ラグビーがこんなに面白いとは思わなかった!」と言うほどで、おそらくそうした方々もたくさんおられると思います。


なぜ、結果だけを見れば、目標のベスト8に届かない予選敗退にも関わらず、今回のラグビー日本代表の試合に多くの方が感動したのでしょうか?


それは、「事前期待と結果とのギャップの大きさ」と考えます。


当初、全く期待していなかった、むしろW杯が開かれていることすら知らなかった方々が大多数だったと思います。つまり、ラグビー日本代表への事前期待が非常に低かったわけです。


しかし、ふたを開けてみれば、優勝候補の南アに劇的な勝利をおさめ、強豪のサモアとアメリカにも勝利するという、驚くような好成績でした。


このギャップに感動の要因があります。


分かりやすくするために、比較をしますと・・・サッカー日本代表。
(注:私はサッカーも大好きです)


2010年W杯で見事に予選突破をし、ベスト8まであと一歩に迫った当時のサッカー日本代表。
それから4年後の2014年。多くのレギュラー選手が海外一流クラブで活躍し、史上最強の呼び声も高かった訳ですが、予想を大きく裏切る予選敗退。


それ以降のサッカー日本代表人気に陰りが見える気がしてなりません。


ラグビーでは予選敗退でも大きな感動を呼んだ一方で、同じ予選敗退でも大きな落胆を生んだサッカー。


この違いは、やはり事前期待と結果とのギャップに他なりません。
(ちなみにラグビーはプラスのギャップで、サッカーはマイナスのギャップですね)


=============

さて、前置きが長くなりましたが、これをどのように医院経営に結び付けられるでしょうか?


患者さんは、痛みを抱えて来院されます。おそらく今までの治療で痛かった記憶や怖いイメージなどネガティブな思いを持ってこられることも予想されます。


しかし、それを大幅に上回る成果があると、患者さんはどう感じるでしょうか?
「予想していたよりも、全然痛くなかった」
「怖いと思っていたのに、怖くないどころかとても優しかった」
「ここまで分かりやすく親身になって説明してくれるとは思わなかった」等々。


そこに大きな満足を与える秘訣があると思いませんか!?


治療することには変わりありませんが、やはりどの医院であれ、患者さんには大きな満足を持って帰っていただきたいと思っているはずです。そして、「あそこの医院はとても良かったよ!」と口コミを広めてもらいたいはずです。


そうであれば、この「事前期待と結果とのギャップ」を活用しない手はありません。


逆に、ホームページで過剰に期待をさせるような文言を書いているところは注意をしなければなりませんね!


また、初診で大満足して帰られた患者さんが次に来るときの期待値は・・・
もうお分かりですよね。


患者満足の向上は常に心がけなければならないこと、そしてそれに終わりはないということです。


そんなことを、このラグビーW杯の熱狂から感じました。
2019年も頑張れ!日本代表!

訪問専門診療所の解禁

|
こんにちは。
全国介護歯科協会 副代表の永山です。

厚生労働省が2016年4月をめどに「訪問診療」の専門診療所を
認める方針を示しています。

今のところ医科対象の話ですが、歯科にも適応されるとなれば
歯科開設の条件であるチェアやレントゲンの設備を整えなくても
診療所が立ち上げられるようになります。

そうなれば訪問歯科への参入急増は必然でしょう。

これは新規での開設はもちろんですが、既存の訪問診療を大きく
展開している歯科医院が診療地域を拡大するため、拠点となる
診療所をあちこちに開設するような動きも多くなっていきそうです。

その前に訪問歯科を始めるのであれば、あと半年しかありません。
訪問歯科導入を検討されている医院様は今が決断の時かもしれません。


※全国介護歯科協会のサイトはこちら

お泊りデイでの訪問診療

|
こんにちは。
全国介護歯科協会 副代表の永山です。

最近、お泊りデイでの訪問診療についての
お問い合わせが急増しています。

お泊りデイとは正式な介護サービスではなく、
デイサービスの建物を利用した自費での宿泊が
できるサービスです。

ですので、市区町村による解釈の違いはあるのですが
基本的には訪問診療料も居宅療養管理指導も算定を
することはできません。
訪問診療自体がその場所では成立しないのです。

しかし、実際にはそのことを知らずにお泊りデイでの
訪問診療を行い、算定してしまっている医院さんが
思いのほか多いのも事実です。

確かに、訪問診療の原則として対象の患者様が寝泊まり
しているところであれば成り立つルールはあるのですが、
本来の所在住所が別にある状態で自費で違う場所に宿泊
しているだけの話なので、それは個人の都合によるものです。

今、お泊りデイで訪問診療を行っている医院さんは一度成り立つか
市区町村への確認をおすすめします。

※全国介護歯科協会のサイトはこちら

こんにちは。
全国介護歯科協会 副代表の永山です。

先日、「在か診」(在宅かかりつけ歯科診療所加算)算定について減点があったので
理由を教えて欲しいと会員の先生から連絡をいただきました。

状況を聞いてみると、自宅から有料老人ホームに移られた患者さんを一人だけ歯科
訪問診療Ⅰで診て、在か診を算定したそうです。

有料老人ホームやサ高住などは、特養や老健と違い介護保険の算定ができる場所なので
在か診も算定できるイメージがありますが、実はそうではありません。

以下の場所では算定ができませんので覚えておきましょう。


・養護老人ホーム
・経費老人ホーム
・特別養護老人ホーム
・有料老人ホーム
・サービス付高齢者向け住宅


通常のマンションなどの集合住宅にお住いの患者さんのところでは、歯科訪問診療Ⅰで
あれば在か診を算定することは可能です。


また、在か診の施設基準届出に関する実績については算定場所は関係なく単純に歯科訪問
診療ⅠとⅡおよびⅢの割合だけを見られる形となります。

少しややこしいですね;



在か診を正しく理解するポイントは二つで、


①在か診は歯科訪問診療Ⅰでも診る場所によっては算定できない場合がある
※上記、施設参照

②在か診の届け出実績は診る場所に関係なく歯科訪問診療Ⅰ~Ⅲの割合のみで判断される

ということです。

ご参考まで。


※全国介護歯科協会のサイトはこちら
全国介護歯科協会 副代表の永山です。

前回に関連した内容で、介護保険と生活保護の「併用」について
解説したいと思います。

まず「併用」という意味についてですが、これは生活保護の状態で
且つ介護保険をお持ちの場合のことをいいます。

これに対して介護保険を受けていない生活保護の方は「単独」と
呼ばれます。

では、生活保護の方から新規に訪問歯科の依頼があった場合、
「併用」なのか「単独」なのかどうやってみわけるのでしょうか?

簡単な方法として被保険者番号を確認することで判断できます。
被保険者番号は10ケタから成る番号ですが、Hから始まる場合
その方は「生活保護単独」となります。
※併用の方はHからではなく数字から始まります

もう一つの方法として、その方の年齢である程度判断可能です。
介護保険受給資格が発生するのは65歳からとなりますので、
40歳以上65歳未満の生活保護の方は「単独」ということです。
ですので、併用の可能性が出てくるのは65歳以上の生活保護の方となります。
※65歳以上でも介護保険をお持ちでなければ単独扱いとなります

こういったことを理解して、生活保護法介護券などを見てみると
より仕組みがわかるかと思います。

「介護保険」「生活保護」はとっつきにくいイメージがありますが、臆せず積極的に
色々なケースを経験して身に付けていくことをお勧めします。


※全国介護歯科協会のサイトはこちら

問題意識を持つ重要性

|
こんにちは。
全国介護歯科協会の前田です。

受験シーズンも佳境を迎え、
私のお付き合い先の息子様、娘様も
「無事、〇〇中(高)に合格しました!」
という嬉しいお声を聞こえてきました。

合格までには、私には見えない色々なエピソードがあったでしょうが、
それでも、勉強好きの親の背中を見て、受験勉強に励まれたお子様がイメージできます。

私たち大人には、「合格」という判定はほとんどありませんが、
それでも、日々の仕事の中で「合格」に至るまでの努力が必要です。

問題には、3つのランクがあります。

最も簡単な問題は、「答えが明確にある問題」です。
しかし、当たり前のことですが、企業内外における様々な問題には、「これが答えだ!」と
できる明確な答えはありません。それが、「答えが明確にない(または複数個ある)問題」です。
その中で最適解を選び出して、行動していかなければなりません。
よく言われる PDCAサイクルですね。

さらに、もっと複雑化してくると、「そもそも何が問題なのか?」が分からなくなってきます。
それが「何が問題か不明確な問題」です。
そこで必要になってくるのは、何を問題と定義するのかの「問題設定」と、
自らの意識としての「問題意識」です。

長く経営を続けておられると、簡単に日常が過ぎ去っていくなかで、
「何が問題なのか?」が分からなくなってくる時が来ると思います。
そのような中でも、問題意識を持ち続け、PDCAサイクルを回していく。
そうした経営者または企業が成長を続けています。

我々もまた問題意識を持ち続け、成長を続けられる組織として頑張っていこうと、
受験での喜びの声を聞きながら思いました。

前田剛志

介護保険でよくある質問①

|
全国介護歯科協会の永山です。

今回は介護保険関係でよくある質問を3つ、
解説も含めながらご紹介したいと思います。


【質問①】
医療3割負担の利用者は、介護も3割負担になるのか?

【回答①】
1割負担です。
現状、介護保険はどんな方でも1割負担です。
例外的なものがあるとすれば、生活保護の方だと1割負担分が
公費請求になる場合もあるというくらいです。
ただし2015年度の介護保険制度改正で、年金収入や給与所得が
ある一定以上ある利用者に関しては2割負担になるようです。
そうなると今後、よりややこしくなりそうですね;



【質問②】
介護保険の認定を受けたばかりで、担当ケアマネがまだ付いて
いない利用者でも居宅療養管理指導が算定できるのか?

【回答②】
算定することが可能です。
確かに、居宅療養管理指導の算定要件として担当ケアマネへの報告が
義務付けられていますが、報告するケアマネがいない状態であれば
算定ができることになっています。



【質問③】
毎月同じ形で介護請求を出していて問題なかった利用者に対し、ある月
「12PA」というエラーコードで返戻があった。原因はなんでしょうか?

【回答③】
介護度の変更申請中に請求をしてしまったためです。
区分変更申請中は、新しい介護度が決定するまでその利用者に対して
介護請求ができません。
新しい介護度が出ると申請した日にさかのぼって、その介護度が適用
されるという仕組みになっています。
ですのでこの場合は、新しい介護度で再請求をすれば問題ありません。
「区分変更申請中」といった情報は、ケアマネから歯科まで連絡が
降りて来づらい傾向にあります。
やはり、この点においても今後の連携強化に必要性を感じます。



介護保険は独自のルールや、まだまだ精度の低い部分がありますが
日々色々な状況で対応しながら知識を付けていくのが一番です。
苦手意識を持たずに取り組んでいきましょう。

全国介護歯科協会の永山です。

「食べること」は、咀嚼・嚥下機能として人が生きていくための重要な
機能のひとつですが、特に高齢者の方にとっては日常生活の中で
の大きな楽しみや喜びにもなっています。

その「食べること」が口腔内のトラブルや摂食嚥下障害で辛いこと、
苦しいことになってしまっている高齢者の方が増えてきているのも事実です。
特に在宅にて適切な治療や口腔ケアができない方が多く見受けられます。

この「食べること」を守るため、つまり食べることが楽しみや喜びと
感じられるようにサポートすることが、今後の訪問歯科診療の大切な
目的の一つになってくるのではないでしょうか。

治療や口腔ケアであれば、歯科医師や歯科衛生士だけで行うことも
できますが、摂食嚥下機能の評価や口腔リハビリテーションを正しく
安全に行っていくには、医科との連携も必要になってきます。

近年、摂食嚥下や口腔リハビリの分野が盛り上がってきてはいますが
まだまだ実際の現場で展開している歯科医院は少ないのが実情です。
また、医科との連携が取れている医院は更に少ないと感じます。

超高齢社会を迎え、国の方針としても介護の引き下げなど施設から在宅へ
という流れを推し進めていて、今後在宅診療の需要が高まることは必然です。

その流れの中で充実した訪問歯科診療を提供し、高齢者の「食べること」を
守るためには

・摂食嚥下の評価
・口腔リハビリ
・医科との連携

この三つの要素が必要不可欠になるかと思います。

※全国介護歯科協会のサイトはこちら

成功するまで諦めない

|
こんにちは。
全国介護歯科協会の前田です。

新年が始まり、正月気分も抜けて
仕事に邁進されておられる時期かと思います。

訪問歯科についてのご依頼も、それを反映してか
正月が明けて、最近また増えてまいりました。

最近多くいただくご質問としては、
「今から訪問歯科をはじめても成功するのか?」
といった内容です。

もちろん、3年前、5年前と比べて、競合する訪問歯科医院が
増えており、立ち上がりもなかなか苦労されるケースが多くなってきているのも事実です。

しかし、患者からのダイレクトな反響ではなく、
ケアマネ経由での紹介依頼がメインであることは変わらないことから、
やはりケアマネとの関係をしっかりと地道に築いていくことが何よりも大切です。

一巡しての営業で反響がなかったからと言って諦めないことです。
失敗という表現もおかしいですが、
失敗→諦める では、絶対に成功しません。
失敗→失敗→失敗→成功 といったように、諦めずに続けていくこと。
それもまた成功にとって必要なことだと思います。

2015年もぜひ皆様にとって良い一年でありますように。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

前田剛志

DSC_0449.jpg

DSC_0451.jpg

みなさま明けましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願い致します。

全国介護歯科協会の永山です。

早速ですが、新年一発目の口腔体操イベントのお手伝いをしてきました!
今回は宅老所さんです。(※写真をご覧ください)

参加者は十数名で、平均年齢85歳以上、最高齢の方はなんと97歳でした。
それでもみなさんとてもお元気で、最高齢の方も腕をほぼ真上まで上がて
体操をされていました。

体操が終わってから少しお話もさせていただいたのですが、とてもしっかり
話されていて、耳も遠い様子もないくらいでした。

昔から食べることが大好きだそうで、残念ながら歯は残っていないのですが
入れ歯をしているおかげで今でも何でも食べれるとおっしゃっていました。
体操も誰よりも頑張っていた印象もありました。

やはり、私自身こういったお話を現場で直接聞くととてもモチベーションが
上がります!!

今年も訪問歯科を通じて色々な方のお手伝いが出来ればと思います!


※全国介護歯科協会のサイトはこちら